今すぐのご購入はこちら
TEL:03-3862-1008

雌ねじ補強・補修部品:タングレス・インサート

インサートねじから
タングなくしました。

作業時間56秒⇒7秒。

アルミなど軽量母材の雌ねじ補強・補修に最適!
母材を傷つけません。

NAS(米国連邦航空宇宙局)規格認証なので安心高品質

タングレス・インサート

タングレス・インサート無償サンプル提供中!

ご検討中の方に、導入効果をご確認いただけるキャンペーン実施中です。
専用の工具をお持ちでない方には電動・手動どちらの工具も無料貸し出しいたします。

詳細はこちら
— タングレス・インサートとは —
F1マシンや航空機など世界中で採用されているタングの無いインサートねじ(雌ねじ補強・補修部品)です。
高品質・高性能・高機能なタングレス・インサートは、アルミ等の軽金属や、鋳物、樹脂など雌ねじが弱い母材に挿入し使用する ことで、確実で強力なねじ締結力を得ることができます。Rohs適合品で安心・安全な商品です。
— タングレス・インサートと従来のインサートねじ(雌ねじ)との違い —
タングレス・インサートの最大の特長は文字通り「タングが無くなった」ことです。
従来のインサートねじはタングが付いている為、挿入後のタング折りが必須でした。その際ピッチ飛びが起きたり、折り取ったタング の取り忘れが原因でショートするといったトラブルもありました。
しかしタングレス・インサートはタングが無いので折り取り作業が不要、挿入後のピッチ飛びや折り取ったタングを取り忘れる心配も ありません。
タングが無いから・・・
作業工程や時間が大幅に削減されるので、作業効率が上がり、コストの削減が可能です。
従来のインサートでの作業
STEP1
STEP2
STEP3
STEP4
STEP5
方向確認
挿入
爪取り
タング拾い
完了
タングの方向を確認します。
ピッチ飛びに注意しながらインサートを挿入します。
母材を傷つけないように折取りポンチとハンマーでタングを折取ります。
ピンセットで折れたタングを取り出します。
所要時間約56秒で完了です。
タングレス・インサートでの作業
STEP1
STEP2
STEP3
方向確認
挿入
完了
タングがないので方向性は関係なく、手早く簡単に装着可能です。
専用工具を使用することにより、素早く挿入できます。
従来56秒かかっていた作業時間が、電動工具ならわずか7秒で完了します。
— タングレス・インサートの構造 —
タングレス・インサートは、ばねの加工技術の応用により開発され、菱形材をコイル状に加工して成形されています。
雌ねじの補強用に挿入されると、スプリングバックの働きで母材に固定されます。
※ISO14001の元に製造され、NAS(米国連邦航空宇宙局)規格の必要条件を満たしています。